バスのるコラムをリニューアルいたしました!

夜行バスで気を付けたい、腰痛やエコノミークラス症候群の対策

夜行バスで気を付けたい、腰痛やエコノミークラス症候群の対策Q お役立ち情報
腰痛やエコノミークラス症候群の対処法!
この記事は約3分で読めます。

夜行バスに乗る際に「腰痛や、エコノミークラス症候群などが心配」という人も多いのではないでしょうか。

基本的には、休憩タイムを除いて座ったままの状態になるので、腰痛持ちの人は、自分でも対策をしておくのがおすすめ。

また、長距離移動時になりやすい「エコノミークラス症候群」にも気を付けましょう。

今回は、腰痛やエコノミークラス症候群の対策についてご紹介いたします。

腰痛対策のコツ

数時間同じ体勢でいると、誰でも体が痛くなってくるものです。

夜行バスで腰痛や体の痛みを軽減するには、休憩ごとに外に出て体を動かすことがポイント。

少し歩いたり、背伸び、屈伸などをしたりして、体をほぐしましょう。

腰が痛くなりやすい人は、座席と体の隙間を、衣類やタオル、ストール等で埋めてしまうのがおすすめです。

座っている時の安定感も増し、そのまま座るよりも快適です。

背面と椅子部分の隙間も埋めてしまいましょう。

旅行グッズを扱っているショップでは、腰部分用の空気枕も販売されています。

利用するとさらに快適度がアップ!

空気をめいっぱい入れず、70~80%にしておくと、腰にフィットしやすくなります。

それでも心配な場合は、腰痛用のサポーターをして乗るのも手。

痛みを感じた時の対策として、においのしない湿布を用意しておいても良いですね。

エコノミークラス症候群を防ぐには

長距離バスでの移動で気を付けたいのが「エコノミークラス症候群」。

エコノミークラス症候群は、長時間座ったままの姿勢が引き起こすもの。

下肢が圧迫されることで、うっ血状態になり血栓ができます。

その血栓が肺に詰まって息苦しくなったり、太い血管に詰まって肺に血液が流れなくなったりすることも…。

重症な場合は命に関わることもある、恐ろしい症状です。

症状が出る前に、防ぐ努力をしておきましょう。

血流を良くするストレッチ

エコノミークラス症候群を防ぐには、血流を良くすることが大切。

車内でも簡単にできるストレッチを時々行いましょう。

車内でも簡単にできるストレッチ

少しですが、車内でも簡単にできるストレッチをご紹介します。

ぜひ実践してみてください。

つま先立ち

ふくらはぎの筋肉を意識して力を入れ、かかとを上げたり下ろしたりしましょう。

足首の曲げ伸ばし

両足首をそろえて、一緒に曲げ伸ばすことを30秒ほど繰り返す。

下腿の血行促進になります。

ステップを踏む

両足をそろえて、前後にステップを踏むように動かします。

この時に、足の指さきもしっかり伸ばすのがポイント。

このストレッチも下腿の血行促進に効果的。

30秒ほど繰り返しましょう。

夜行バスの場合、消灯後は多くのお客様が寝ていますので、ストレッチを行うときも周囲に配慮しましょう。

適度な水分補給

エコノミークラス症候群を防ぐには、ストレッチ以外に、適度な水分を摂ることも大切。

1時間ごとに150mlの水もしくはノンカフェインのドリンクを飲むようにしましょう。

その他はどう対策すれば良い?

その他にも、

  • ゆったりした服装にする
  • 脚を組まない
  • タバコをひかえる

といったこともポイント。

座席選びでは、席を立ったり、脚を伸ばしたりしやすい通路側を選ぶと良いですね。

動きが制限される夜行バスでは、自分で積極的に体を動かすことが大切。

腰痛やエコノミークラス症候群を防ぐためにも、ちょっと意識してバスに乗るようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました