航空祭見学ツアー

愛知県小牧基地オープンベース開催日:2019年11月9日(土)

大型機中心の異機種編隊飛行 小牧基地

航空自衛隊小牧基地は、名古屋市の中心から北方約15Kmに位置しており、総面積は約120万平方メートルで、約1,800名の隊員が在籍しています。
小牧基地は、愛知県が管轄する県営名古屋空港(小牧空港)の滑走路を使用していることが特徴で、海外への輸送任務を有する第1輸送航空隊をはじめ、8つの部隊があります。
そんな小牧基地で行われる「小牧基地オープンベース」では、航空自衛隊で唯一「輸送機C-130H」と「空中給油機能付き輸送機KC-767」を運用していることから、大型機を中心とした異機種編隊飛行や模擬空中受給油が繰り広げられます。
また、地域とのつながりをテーマにしていることもあり、地元の特産品の物産展なども開催されることや、模擬店も他基地の航空祭より多く出店されるため、ご家族でのんびり楽しむことができます。

プラン作成中Waiting

DATA

過去3年の入場者数

開催日 天気 来場者数 ブルー
インパルス
2017.3.5 晴れ 約6万6000人
2018.3.3 晴れ 約1万人 ×
2019.3.2 晴れ 約6万3000人

昨年のプログラム内容

飛行展示
F-15
C-130H
CH-47J
KC-767
U-125A
UH-60J
地上展示
C-2
C-130H
UH-60J
KC-767
その他イベント