エアフェスタ浜松2016見学ツアー

開催日:2016年10月16日
天気:晴れ
来場者数:13万5千人

絶好の航空祭日和に13万人の来場者が大興奮!

先週の芦屋基地に引き続き、今週は浜松基地で行われるエアフェスタ浜松に行ってまいりました!

浜松基地は関西からの距離も近いため、前日の夜に出発し、翌朝(早朝)には基地に到着します。
航空祭終了後、その日のうちに関西へ戻る夜行日帰りという行程になります。

浜名湖サービスエリアできれいな朝焼けを見ながら、基地の開門時間迄の時間調整で待機。

今年は晴れになったので、気分は上々です。

浜名湖S.Aを7:00頃に出て、多少の渋滞にあいながら正門から入場。

あまり早すぎると入場できず、迂回しないといけなくなります。

私たちより15分早く基地へ向かってしまったバスは結局、私たちより10分遅れで到着しておりました。

指定された駐車場から会場までは15分程歩きます。

浜松基地で見逃せないのは早期警戒管制機E-767によるダイナミックな航過飛行!

全国で行われる航空祭でもここでしか見ることができません。

先週の芦屋基地に引き続き、今回も花自動車に乗車!

芦屋基地ではブルーインパルスが間近で見られ感動しましたが、浜松基地ではT-4の数の多さに圧倒されました。

その他の地上展示も充実していました。

午後になり、皆さんお待ちかねブルーインパルスのアクロバット飛行が始まりました。

多少雲が広がる時間帯もあり、第三区分での演目に変更され縦系の演技が制約されましたが、それでも新フォーメーション「フェニックス」でのローパスや、桜の花を描く「さくら」など見所満載でした!

ブルーインパルスの展示飛行終了後、バスが待機している駐車場へ戻る途中、着陸態勢のブルーインパルスを激写することができました!

iPhoneでもこの距離。これはなんともラッキー。

この日はお天気にも恵まれ来場者が多く、多少の渋滞はありましたが、予定時間前には皆様をお送りすることができました。

さてブルーストークツアーが主催する航空祭も、年内は関西発は築城基地、福岡発の新田原基地を残すのみとなりました。

まだ空席はございますので(2016/11/5 現在)、皆様からのご予約お待ちしております!

このツアーレポートにお写真をご提供くださったお客様は、

  • 吉岡 政視様
  • 小野 実様

です。
※紹介順は順不同でございますので、ご了承願います。

添乗員 宮本
添乗員 宮本
素敵なお写真をお送りいただき、ありがとうございました。
またの写真提供、ツアーへのご参加を心よりお待ちしております!

こちらでご紹介ができなかったお写真も含め、お送りいただいたお写真は全てフォトギャラリーに掲載させていただいております。
よろしければ、そちらもご覧ください。
フォトギャラリーはこちら

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました