芦屋基地航空祭2017見学ツアー

開催日:2018年2月18日
天気:晴れ
来場者数:3万4千人

ブルーインパルス、2018年初フライト!

2月18日に開催された芦屋基地航空祭に行ってきました。

九州まではいつものように名門大洋フェリーにて移動です。

関西から九州方面にはいつくかのフェリー会社が運航していますが、ブルーストークツアーは九州への到着が一番早い名門大洋フェリー1便を利用しています。

しかし、今年は1便がドック入りのため、到着時間が遅い2便にて九州へ向かいました。

8:30に新門司港に到着し、シャトルバスに乗り換えて芦屋基地へ。

10時頃には基地内に入ることができました!

芦屋基地は他の航空祭より比較的空いていますが、天気が良かった影響なのかエプロン地区は人が多く集まり、地上展示はどこも大行列でした。

会場の端で運行していた花自動車は比較的少なかったので、40分程並んで乗車。

昨年同様、芦屋基地は見学エリアよりも近い位置を花自動車が通過しました。

ブルーインパルスを間近で見られるのでオススメです!

午前中の展示飛行は、T-7の航過飛行から見学することができ、築城基地より参戦したF-2、新田原基地より参戦したF-15が展示飛行を行いました。

締め括りは三沢基地の米軍機F-16によるド派手な展示飛行でした!

展示飛行を見終えるとお腹が空いてきたので、売店エリアへ。

私の芦屋基地おすすめランチは、折尾名物かしわめし!

ご飯の上にかかっている鶏肉はもちろん美味しいのですが、なんといっても鶏の旨味が染み込んだ炊き込みご飯が抜群なんです!

売り子さんも手際よく販売しているので他の売店より行列が少なく、12時半頃には売り切れていました。

ランチ後は警備犬の訓練展示やレッドドルフィンの特別塗装機を見学しました。

そして待ちに待ったブルーインパルの登場!

昨年に引き続き、今年も晴れた日にしか見ることができない第一区分による曲技飛行が披露されました。

芦屋基地航空祭に訪れる度に思うことは、他の航空祭より展示飛行が近くに感じられること。

肉眼でも十分満足できる航空祭だと思います。

まだ芦屋基地航空祭へ行かれたことがない方は、ぜひ間近でブルーインパルスの勇姿をご覧ください!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました