岐阜基地航空祭2018見学ツアー

開催日:2018年11月18日
天気:晴れ
来場者数:14万5千人

人気アニメの影響!?大盛況だった岐阜基地航空祭

皆さんこんにちは!ブルーストークツアーの添乗員、宮本です。

昨年は四年ぶりにブルーインパルスが飛来するも、天気に恵まれず編隊飛行のみとなった岐阜基地航空祭。今年はリベンジです!

事前に知り合いの添乗員さんから関西から多数のツアーバスが出発するという情報が入っており、天気予報も晴れ予想だったので、混雑を避けるために急いで基地へ向かいました。

私たちのバスが基地近くのバス降車場所に到着する頃には続々と他社の観光バスも到着し、基地の中へ向かうシャトルバスはすでに行列が…。

他の基地の航空祭とは違い、ブルーインパルスの展示飛行が午前中に行われるため、お客様には急いでシャトルバス乗り場へ向かっていただきました。

私は諸事情で残念ながら基地の外から見学することになり、低空の演目はあまり見えませんでしたが、キューピッドやスタークロスなどはしっかり見えたのでとても満足しました。

その後、私もメーン会場である北会場へ。

北会場には、岐阜基地でしか見ることができない国産ステルス実証機X-2と、ド派手なワシの塗装で人気の通称オジロワシファントムの地上展示が見学できました。

さらに今年は、岐阜基地を舞台にしたTVアニメ「ひそねとまそたん」の監督である樋口真嗣さんと声優の久野美咲さんによるトークライブが行われるとあって、大勢のファンが駆けつけていました。

滑走路を挟んだ向かい側の南会場は、北会場に比べれば空いており、レジャーシートを広げてゆったり見学している方もいらっしゃいました。

肝心の展示飛行はT-4、T-7、F-2、F-4、F-15によるオープニングフライトに始まり、午前中にF-2、F-4、F-15の戦闘機による機動飛行、KC-767による空中給油デモ、ブルーインパルスの展示飛行と充実のラインナップ。
午後は岐阜基地名物、異機種大編隊で締めくくる内容でした。

後日、来場者数は14万5千人との発表があり、昨年より1万5千人も増え、岐阜基地航空祭の人気ぶりに改めて驚かされました。

最後に余談ですが、今年はエプロン地区への持込荷物に制限が設けられていました。
しかし、実際に守っている人はほとんどおらず、隊員さんもしっかりと案内していないことにビックリ。ルールを守る人が損をしてしまうようなイベントにならないことを願います。

このツアーレポートにお写真をご提供くださったお客様は、

  • t.hasegawa様
  • yasu11様
  • ハチロク様
  • タツミ ノボル様
  • 斎川正美様
  • 黒酢ママ様
  • フジモト アスカ様
  • 匿名希望様

です。
※紹介順は順不同でございますので、ご了承願います。

添乗員 宮本
添乗員 宮本
素敵なお写真をお送りいただき、ありがとうございました。
またの写真提供、ツアーへのご参加を心よりお待ちしております!

こちらでご紹介ができなかったお写真も含め、お送りいただいたお写真は全てフォトギャラリーに掲載させていただいております。
よろしければ、そちらもご覧ください。
フォトギャラリーはこちら

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました